ナニワ工務店 公衆浴場設備案内
大阪府大阪市住吉区山之内1丁目20番22号
TEL:06-6692-5454 FAX:06-6692-5411





定期的な入浴で効果的!だから常連客の確保できます。
一般家庭や古くある公衆浴場は【硬水】を使用しています。
これは【白湯】と呼ばれる、昔から親しまれてる湯なのですが、近年では、肌にやさしい【軟水】が注目され、多くの銭湯でも【軟水】を使用するようになってきました。
美肌の湯【軟水】として、着目度も効果も高いのが特徴です。
【軟水】は一般家庭のお風呂に導入される事はごく少数で、外湯でしか体感でき無い上に、肌にとても良く、肌荒れや皮膚炎などの方にも最適になっています。
また、軟水が持つ洗浄能力により、身体を洗う際の石鹸や、洗髪時のシャンプーが硬水よりも少量で済むという経済的な部分でも注目されています。
このように軟水には、軟水自体の特徴があり、入浴効果と集客効果を備えております。
※コインランドリーの洗浄水を軟水にするのもお薦めです!

◆軟水導入でのメリットは数多くあります!
 【メリット・1】 ツルツルとした独特の肌触りが特徴の美肌の湯と呼ばれるナトリウム温泉と同様の水質でリラックスした入浴をお客様に提供できます。
 【メリット・2】 浴室内の汚れがつきにくく、落ちやすいので、浴槽掃除の時間を短縮でき、また浴槽などの耐性年数も上がりやすくなります。
 【メリット・3】 定期的入浴で効果的なので、リピーター率の向上、特に美容効果による女性客の確保に大変期待できます。 
 【メリット・4】 軟水導入での店外・店内用宣伝媒体(看板やポスター、のぼり、浴場内展示物など)が豊富にあり、視覚的演出ができます。
 【メリット・5】 浴場内全軟水(シャワーカラン)から、一部軟水など、ご希望により導入箇所をお選び頂けます。










▲露天風呂に軟水を導入するだけで特別なお風呂に変化。
▲一部浴場を軟水にするだけでもかなり効果的。(主湯などに)
※写真をクリックすると拡大写真が見れます。













店外用木製縦看板
店外大型宣伝用看板
場内アピール型看板
※写真をクリックすると拡大写真が見れます。






ナニワ工務店では、場外・場内用に様々なアピール用アイテムを揃えております。
軟水の他にも導入されてる浴場設備を、もっとアピールしたい!と思われた時にはお気軽にご相談下さい。
銭湯のことなら何でもご質問、お問い合わせ頂ければ熟練社員が丁寧にご対応させて頂きます。
◆ナニワ工務店株式会社  銭湯のことなら!おまかせ!!
大阪府大阪市住吉区山之内1丁目20番22号
TEL:06-6692-5454 FAX:06-6692-5411

















■硬水と軟水の違い。
硬度成分の少ない水を【軟水】と言い、肌への刺激が弱く、石けんカス(金属石けん)も
発生しにくい特徴があります。これにより美肌効果や皮膚病の緩和効果を得る事ができます。
洗濯に軟水を使用すると、硬度成分が少ないので、洗剤の泡立ちも良く洗剤の量も少量で済み経済的にも効果があります。
また食器などの洗浄も硬度成分が少ない軟水を使用すると汚れも水切れもスムーズで、水垢や水道水独自の黄ばみも無くなります。

■手あれ肌あれはなぜ起きる!?
手あれ肌あれの主な原因は、角質層の水分低下によるものです。
皮膚の表面には皮脂膜という薄い脂分の皮脂膜があり、それが水分の蒸発を防いでいるのですが、石鹸や洗剤によって脱脂されなくなってしまいます。
そこへ水道水中の硬度成分と石鹸とが結びついてできる金属石けんが皮膚に付着することから、皮膚の新陳代謝が悪くなり新たな皮脂膜が作られにくくなってカサカサになるという仕組みです。

■髪が硬くなる、艶が失せる、パサつくなどは、どんな理由!?
まず水道水を用いて洗髪すると、水道水に含まれる硬度成分が髪の毛の成分と結合して
カルシウムの含まれる硬い髪になることが挙げられます。
次に石鹸シャンプーを使用した場合、化学反応からできた金属石けんがその粘着性のために毛髪に付着し、頭皮からはがれたアカや空気中の埃などを付きやすくするため、髪の悩みの諸症状につながるのです。
だから通常合成シャンプーやリンスを使って何とかしっとりした髪を保とうとするわけですが、
それでも水道水を使う以上、金属石けんの影響は多少なりとも残ります。
これをなくそうと思えば、硬度分を含まない軟水を使う以外にないというのが結論になります。

■金属石けん(石けんカス)とは?
石鹸の付いたタオルで体を洗った後お湯ですすぐと、白く濁ってアカのようなものが浮かんできますが、実はこれが「金属石けん(石けんカス)」です。
石鹸は通常その成分であるナトリウムが水に溶けて汚れを取りますが、硬水(水道水)だと汚れを取る前に水道水中の硬度成分が石けんの成分とくっついてしまい金属石けんが出来てしまいます。
水に溶けず粘着性もあることから、浴槽や洗面器に汚れとして残るほか、皮膚の毛穴をふさいで肌あれを引き起こします。

■硬度成分(PPM)による影響。
風呂
台所
洗面所・その他
硬度60ppm以上
・鏡のくもりがとれない。
・床とバス底に白い文様が着く。
・給湯器・元気温水器の寿命が短い。
・食器洗浄器のヒーターに白い粉がつく。
・電気ポットのそこに白いものがつく。
・ウォシュレットの先端が詰まる。
・アイロンのスチーム口が詰まる。
・蛇口が白くなる。
硬度40ppm以上
・浴槽に水垢が付着する。
・排水溝にヌメリが付く。
・洗面器に水垢がつく。
・髪の毛がパサパサになる。
・泡立ちが悪い。
・食器・グラスなどに水汚れが付く。
・排水溝にヌメリが付く。
・ステンレスがくもる。
・茶渋がつく。
・洗濯物が黄ばみやすい。
・乾拭きしないと汚れが取れない。
・メガネのレンズがくもる。
・洗顔後に顔が突っ張る。
硬度20ppm以上
・さら湯(一番風呂)でチクチクする。
・かかとがガサガサになる。
・湯冷めしやすい。
・手荒れ。
・手荒れ。 ・カミソリまけしやすい。
・洗顔石けんの泡立ちが悪い。



















★軟水使用のコインランドリーは洗浄力が違います★
軟水を使用したランドリーで家庭では不可能な仕上がりサッパリな洗濯を・・・。
軟水は水自体に洗浄能力が備わっており、軟水だけで洗濯しても、硬水=家庭用水との差は歴然とあらわれます。
これは硬水に含まれる、マグネシウムやカルシウム、亜鉛などの硬度成分が肌にも衣類にも悪く、
衣服などに付着したままだと、痒みなどの原因になっているとも言われています。
まずは水自体から改善しないといけないのが分かります。
そして軟水には洗浄能力があるので通常の1/3程度の洗剤で洗濯が可能です。
経済的にも肌にも優しい軟水で健康的な暮らしにお役立て下さい。

軟水使用コインランドリーは、地元の生活に密着したサービスで多くの方が利用できる設備。
敷地有効利用の画期的手段として是非、ご検討下さい。








































Copyright (C) 1954 NANIWA CO.,LTD With A-sight.biz 2008-2016 All rights reserved